スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

梅雨明けに反証する

2010年07月18日 22:44

今日17日11時に、気象庁が「九州北部・四国・中国・近畿・東海・北陸・関東甲信地方が梅雨明けしたとみられる」と発表しました。

と、tenkijpから何やら流れてきた。九州北部・四国・中国・近畿・東海・北陸・関東甲信地方のデグー界は、今まさに歓喜の渦に包まれていることだろう。

世間から取り残された我が家(関東甲信地方)においては、気象庁による梅雨明けの速報値すら入っていない。

入りました、すみません)

中止された実験 そこで、梅雨明け速報に反証するための実験を行うことにした。

室温25℃・湿度66%の閉めきった室内において、ドライペット8個を積み上げて記念撮影を行うとどうなるか。

パン粉・そば粉ともに最初こそ物珍しげに走り回っていたが、暫くすると、そば粉がガジガジとケージ囓りを始めた。これは普段のそば粉には見られない行動である。すなわち、虐待の小さなサイン! 悪ノリしがちな飼い主さんは特に注意して頂きたいところである。実験は直ちに中止された。

※「小さなサイン」のリンク先は子どもの幼稚園選びについて書かれたものですが、飼い主とデグーの関係に置き換えて読むこともできます。飼育方法に迷われたときの参考に如何でしょうか。

そもそも我が家のデグーたちのために湿度を下げる必要はあるのだろうか?

野生デグーの生息地であるチリの首都・サンティアゴの様子を伺ってみた(2010/06/23撮影)。チリの6月は雨期まっさかりのはずである。

雨期のサンティアゴ
photo by  JorgeBrazil (protected by CC Licence

想像以上の湿っぽさだった。

今日の平均湿度を見てみると、なんとこんなに!(低かったらすみません)

現地を飛んでいる Air Canada によると、チリの気候は以下の通りである。

地中海性気候・内陸性気候のため、年間平均気温は13.9度と、年間平均湿度71.8%と年間を通じて清涼で快適な気候に恵まれています。夏季(12月~3月)は乾期にあたり、比較的暖かく乾燥しています。過去には最高気温が37度に達したこともあります。冬季(5月~9月)は湿度が高く、最高気温は15度余りであるが、低い日は0度近くまで下がります。年間およそ300日は晴天の日があり、年間降水量は約340mm。そのほとんどが雨期(5月~10月)に集中。平均最高気温は18.9度、平均最低気温は5.4度。日中と朝晩の寒暖の差が大きいのが特徴です。
cite: Air Canada | 中南米デスティネーションガイド チリ

「年間およそ300日は晴天」ということは、365-300=65日は雨でよし! 梅雨明けの速報値期間(日数・逆日数・時間)計算とをもって、我が家における平成22年度の梅雨明けは8月15日と算定された。その頃までには除湿器の価格変動履歴グラフも右下がりとなっていることであろう。

以上のこじつけとは関係なしに、我が家における
デグーの飼育温度は25度・湿度は55%以下
と設定された。以下ソース。
ヒラタチャタテ
節足動物門 昆虫綱 チャタテムシ目 コナチャタテ亜目 Troctomorpha コナチャタテ科 Liposcelidae
(中略)
低温に弱く、0℃では3時間で死亡する。また乾燥にも弱く、25℃では湿度55%以下では成長ができない
cite: ヒラタチャタテとは - 害虫の種類 Weblio辞書
  


もっと真面目に飼育下におけるデグーの至適湿度を知りたい方は、実験してみるといいのではないだろうか。例えばこんな感じだ。
  1. デグーを1,000匹ぐらい用意する。
  2. 用意したデグーを100匹ぐらいずつに分ける。
  3. 100匹ずつに分けたデグーを、湿度0%に設定されたケージ、10%、20%‥‥と、分けて育てる。
  4. それぞれの設定湿度において、何日間か何年間かにわたって何匹のデグーが死んでいくかというデータを取る。
  5. 例えば湿度40%のケージと50%のケージはなかなか死ななかったというデータが得られた場合、次はまた1,000匹ぐらい用意する。
  6. 用意したデグーを100匹ぐらいずつに分ける。
  7. 100匹ずつに分けたデグーを、湿度40%、41%、42%‥‥と、分けて育てる。
  8. 同じようにして何匹が死んでいくかというデータを取る。

こうして実験を繰り返していけば、より正確な数値に近付けるような気がする。

そういう風に考えたので、私はデグーを2匹用意した。2匹ではあんまりいい実験にはならないだろうし、至適湿度もだいたいの目安しかわからないだろう。でも、カビさえ生えなきゃなんとかなるから、だいたいでいいと思う。

今も順調に太ってくれてるし。食べ頃はいつかなあ。
関連記事
 


 

コメント

  1. ガッチャマン | URL | X8gdmrw6

    チリには雨季と乾季があって雨季にはすごう湿度になるけど、年間を通して見れば晴れてからっとした日が多いという事ですね。勉強になりました。
    熱帯地方を除いたほとんどの動物が季節によって温度変化のある場所に裸で住んでいてしっかりと生き抜いてるわけですから、温度湿度変化がものすごく極端に変動しなければある程度耐えられる力はあると思ってます。
    デグーの様子を見てて思うのですが、6月までは27度を過ぎると暑そうにステージの上で伸びてたのが、最近は29度を過ぎてから伸びる様になりました。なのでエアコンは先月は27度過ぎから、最近は28~29度になってから付けています。
    湿度については高くても低くてもそんなに行動は変わらない様に見えます。
    それぞれの動物をじっくり観察できるなら、暑そうにし始めてからエアコンでも間に合うのかなと思ってます。
    冬も15度までノーヒーターで平気な顔してました。

  2. コメ子 | URL | SFo5/nok

    私もこのこじつけを書くためだけに調べて初めて知りました(^∇^)ゞ 同じく勉強になりました。
    この実験の前にも布団乾燥機でどのぐらい下げられるかとか工務店に相談とかいろいろやってみたんですけど、朝30分かな?換気しただけで70%が80%ぐらいまでガーっと増えちゃうんですよ。でも近くに川があるでもないし、私自身もお客さんもみんなジメジメ感ないし、デグーもしめってないし‥‥。そもそも湿度計を置いてる人が身近にいないんで、基準がわからないんですよね~。だから、
    「デグーを飼う前に湿度計を買おう!」とか、
    「ご一緒に除湿器も如何ですか?」とか、
    ‥‥って、また次の悪ノリに走っちゃってましたねwww

    で、話まったく変わっちゃうんですが、日経サイエンスの元ネタが届いてたんですよ キャー!!(^ω^*))((*^ω^)キャー!!
    いずれエントリにはするんですけど、コメント欄でこれやっちゃうと引用とか出典とかがかなり面倒臭いんで、お手間じゃなければ是非メールフォームの設置を!!! まだ読んでないんですけど(笑)、これ多分ガッチャマンさんに絶対オススメだと思います。今から読んできますねv-227

  3. ガッチャマン | URL | X8gdmrw6

    日経サイエンスの元ネタが届いたって、雑誌の宅配をお願いしたんですか?それとも国立国会図書館からコピーが?それとも日経サイエンスの会社からメールで?
    なんか、情報を分けていただけるようでとっても嬉しいですv-522ぜひぜひ、ご面倒でなけれは空いた時間にメール下さいv-363
    って事で、私のブログにメールフォーム設置しました。よろしくお願いします。

    デグーも湿ってないか確かめたコメ子さん面白いですね。デグーが湿る位になると床も濡れて滑ってデグーの所までたどり着けなくなくなっちゃうかもしれませんね(≡^∇^≡)

  4. コメ子 | URL | SFo5/nok

    それはもちろん国立国会図書館で「やってみた」してるに決まってるじゃないですかw
    紙のコピーなんでメールでお届けはできないんですけど、内容とか書誌データとか取り寄せ方とかいくらかかるかとかはざっくりお伝えできるかと。取り急ぎガッチャマンさんとこのメールフォームにお送りしておきましたv お返事待ってマースv-238

  5. みい | URL | EBUSheBA

    はじめまして!通りすがりに失礼いたします!

    デグーの元々の野生生息地はアンデス山脈西側斜面の
    乾燥山岳地帯らしいので、サンティアゴとは気候が
    割と違うかもしれません。
    もちろん都市部にも生息してない事もないと思いますが・・・

    それはともかく、我が家のデグーも同じく
    26℃前後の方が予想外に快適そうなので、
    飼育ガイドに反すると思いつつ人間が快適でカビが生えない
    室温、湿度を基準にさせてもらってます(笑)
    もっと乾燥させた方がいいのかは見た目に違いがよく分からないので
    50~55%前後にしかしてないのですが、
    蒸しっとして60%超えると砂浴びが増えるので
    やはり湿気を不快に感じる部分はあるようですね。


    ちなみに私も冬など換気した時の湿度計の大幅変化
    (実感なし)を不思議に思っていたのですが、
    家族曰く「相対湿度だからでしょ」と言われ
    調べてもチンプンカンプンでイマイチ不明ですが
    どうやら実際の水分量の変化というより温度、な時もあるらしく、
    それと関係あるのかもしれません。

  6. コメ子 | URL | SFo5/nok

    うわー!通りすがりのみいさん!はじめまして!

    いっぱいコメント書いてくれたからいっぱいお返事書きたいんだけど、
    そうするとどっから書いたらいいか迷っちゃってるから、
    ちょっと待っててねv-238

  7. みい | URL | EBUSheBA

    すいません、初めてでいきなり長くなっちゃいましたね^_^;
    コメ返しは気にしないで下さいね~!

  8. コメ子 | URL | -




    ‥‥見事に予報が外れていました。
    次は的中させます(v^ー゚)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://komek.blog57.fc2.com/tb.php/77-92fcc395
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。