スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

泣いてたの? - ブルーデグー

2010年06月18日 20:06

あれ、そば粉の左目が‥‥。

そば粉の左目
下瞼の毛がかたまってるみたいだ。

そば粉の右目
ふうむ、右目はなんともなさそうだね。

昨日の写真も確認してみたけど、なんともなかった。目に砂が入ったぐらいならいいけど、続くようならお医者さんだな


[06/14]痩せの大食いへのコメントで、ブルーデグーは小柄な子が多いという話を伺った(まろまろさん、Hirokoさん、ありがとうございます!)。小柄なだけだったらいいけど、病弱だったり、短命だったりもするのかしらと、何か情報はないか携帯からぽちぽちググってみた。これしか見当たらない。
 

Tenten's room
ブルーデグー かわいらしいが議論の余地あり

あら、Hirokoさん!? デグー界って狭いのね



上記記事では、ブルーデグーにおいてインブリーディング(近親交配)が繰り返されてきた背景、そこから発生し得る健康上の問題などが解説されている。一方、このような記述もある(文中の「アグーチ」は俗に言う「ノーマル」)。

しかしこの数年間で、ブルーデグーはアグーチデグーと同様に健康になることができるし、深刻なインブリーディングの結果生まれたアグーチデグーもブルーと同様に弱くなるという意見も広まりました。
            (ブルーデグー かわいらしいが議論の余地ありより)

この文章の原文(Degutopia)が書かれたのは2005年だ。2010年の今ともなると、もうブルーだからと特別視しなくてもいいぐらいの状態になっているかも知れない。ただし、西欧圏では。

mixi のデグー関連コミュニティなど見てみると、日本では昨年ぐらいでもまだブルーが珍しい存在だったと伺える。その珍しいブルー同士を交配させるという、かつて西欧で行われたのと同じ過ちが我が国内で繰り返されていることは想像に難くない。動物だけを輸入して、その動物の情報は輸入しないままでいいんだろうか。

よくわかんないけど、そば粉の目は翌日には治っていた
関連記事
 


 

コメント

  1. ガッチャマン | URL | X8gdmrw6

    ほうほうなるほど。前にHirokoさんの記事を読んだことあったみたいでしたがうろ覚えで、もう一度読めて良かったです。ありがとうございました。
    うちのペコも骨格が細くて小さい方の口かもしれません。
    でもコナンも子供の頃はひょろっちくて、今でも小柄です。それでも元気で一度も体調崩した事が無いので、小さくても丈夫な子が多いんだと信じています。そば粉ちゃんも良く食べてるし大丈夫ですよ。

  2. コメ子 | URL | SFo5/nok

    前に記事を読んだときは、ブルーデグーが誕生した頃はこうだったけど解決されつつあるって話だと思って(記事の趣旨はそうですよね?)、そんな気に留めていなかったんですが‥‥。日本だと今でも状況が変わっていないんじゃ?と思うと(´・ω・`)ショボーンです。
    ペコちゃんはだいぶ丸くなってきましたよね☆ まあ、ネズミも見かけが全てじゃないですし、まずは丈夫に育ってくれることを祈るばかりです(^0^)/

  3. Hiroko | URL | SVWlgnzY

    そば粉ちゃん、なんともなくて良かったですね^^

    ブルーの問題は難しいですが、日本での数の増え方は他国と比べても異常に感じます。

    例えば、先日Degutopiaのフォーラムに、とあるアメリカ人が「ブルーデグーを探していますが、どこで入手できるか情報をお持ちの方は教えてください」と投稿しました。これに対して入った回答が「3年前に○○州で飼っている男性がいたけど、もう随分たつから今はどうかなぁ」というようなものでした。他は「自分は見たことない」というようなものばかり。日本より飼育の歴史も長いのに、そんなに珍しいの?と驚きました。そういえば、アメリカだけでなくイギリスの飼育者でもブルーを飼っている人って見かけたことないんですよねぇ。。。

    「日本に輸出すれば高値で売れる!」とオランダやチェコのブルーはみんな日本に送り込まれているような気がします(^_^;

    インブリーディングに気をつけたうえで、この世に生を受けた子たちには健康に気をつけてあげなくちゃいけない点は、ブルーだろうとノーマルだろうと変わりないですよね^^

  4. コメ子 | URL | SFo5/nok

    ありゃ‥‥。ってことは、このコメントも非表示にしないとまずいかも知れないですね( *´艸`)プププ

    パン粉もそば粉も今のところは順調ですが、まだまだ成長途上なので特に気をつけて育ててあげたいと思います!

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://komek.blog57.fc2.com/tb.php/52-2c2d16f0
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。