スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

バクテリア補充液

2010年06月04日 18:41

ニューネイチャーランドを導入してそろそろ3週間になるが、今もすこぶる快適である。ふるいがけの度に土がつくぐらいまで鼻先を近づけて嗅いでみてはいるのだが、毎度毎度いやーん土の匂いって癒されるわーん状態が続いている。我が家の環境では尿臭がもう完璧に抑えられているのだ。

バクテリア補充液 しかし、「バクテリアの力で臭いを消し環境を整えます」というもっともらしいくせに曖昧な説明にはどうも納得がいかない。土であるニューネイチャーランドの精細な情報を表示できないのは仕方がないにしても、ニューネイチャーランド用 バクテリア補充液の説明でも同じ調子なのは如何なものか。「湿度を保ちバクテリアを活性化させ」るってことは、バクテリアのエサなのか、ユンケル的な精力増強剤でも入っているのか、ていうか水で湿らせりゃええやないか、おまえホントはただの水だろ白状してみろゴルァ!

という訳で、販売元のピーツー・アンド・アソシエイツへ問い合わせをしてみた。


 名前の通り、バクテリアを補充するための液との理解でいいらしい。いちゃもんつけてすみませんでした 



ニューネイチャーランドには、アンモニアを分解する硝化バクテリア、消臭能をもつバクテリアと、2種類のバクテリアが含まれている。異なるバクテリアが互いの成育・活動を妨げないように、相性のよいものを選んで組み合わせているとのこと。バクテリア補充液はこれらのバクテリアを培養した原液を希釈してニューネイチャーランドに補充できるようにしたものだという。

コメ子の予習・復習:
の硝化バクテリアはアクアリウムを嗜む方々にとってはお馴染みのものらしく、例えばAqua.n.teの記事「[基礎記録] ろ過バクテリア (好気性) 」などが詳しくてわかりやすいと思う。問い合わせ担当の方も熱帯魚飼育に例えてお話してくださることが多かった。水中を泳ぐ熱帯魚にアンモニアが悪い影響を及ぼすことは容易に想像できるが、床材からアンモニア中毒症状が出ることもあるようだ(Pet&Plantsアクアリウムの「床材とアンモニア中毒 」のカメさんなど)。臭いからいやーんだけではなく、デグーたちの健康のために注意しないとまずいっぽい。
消臭効果をもつバクテリアについては詳細を訊きそびれてしまったが、「バイオのパワーで!」「バチルス菌の強さが!」などと謳われる消臭グッズはあれこれと開発されているようだ(怪しげな商品も多かったので、リンクなし)。 バチラス・サブチリス
イラストは【もやしもんファンサイト】もやしや繁盛記の「B・サブチリス」より。「高い分解力を人間に利用されている」そうだから、この子たちがいるんじゃないかと睨んでいる。

ニューネイチャーランドはパックを開封したときの湿り気がベストで、乾燥した状態はバクテリアの効力を弱め(あるいは死滅させ)てしまう。湿度を保つためには使用中のニューネイチャーランドに対してバクテリア補充液を「1日に数回全体に噴霧する」。

コメ子:
そんな頻繁にするのは面倒だし、すぐなくなっちゃって困る。

湿らせ過ぎは動物の体を冷やしてしまうことになるため、それはそれでよろしくない。乾燥や効果の減退を感じたときなどに適宜ご使用くだされば結構です、と。ただ、担当の方はニューネイチャーランドが我が家のようにサラサラに乾いてしまうという事態があまりピンとこなかったらしく、下の方のまだ湿っている部分と混ぜれば大丈夫ですよとか呑気なことを仰有っていた。
バクテリア補充液を使わずニューネイチャーランドに湿り気を与えたい場合には、塩素の含まれた水道水はバクテリアを殺してしまうために厳禁。一度沸騰させた水か、できれば汲み置きの水を使ってくださいとのこと。アルコールの入った除菌タイプのウエットティッシュなどもまずいだろう。また、バクテリア補充液の使い過ぎで富栄養化して赤潮が発生したりすることはないらしい。

コメ子:
ニューネイチャーランドが少なくなってきたらスーパーで売ってる腐植土(197円)を混ぜても大丈夫か?

大丈夫じゃないし、逆にすごく勿体ないことだそうだ。安価に売られている園芸用腐植土は発酵が不十分なことが多く、含まれているバクテリアも雑多。三次発酵までしてベストな状態に整えてあるニューネイチャーランドのバクテリアたちを駆逐しかねないし、ペットや土壌にとって好ましくない菌を繁殖させないとも限らない。
そう熱く語る担当の方。ウチの商品が売れなくなるから止めてくれではなくて、せっかく大事に育てたウチの娘を頼むからそんな目に遭わせないでくれとすがるお父さんの雰囲気であった。

コメ子:
重ね重ねすみません
実際に園芸用の土を使ってペットを飼育している方は大勢いるし、それでアンモニアの分解や消臭までうまく機能させられることもあるだろう。が、そのためにはまずそれなりの基本的な知識が必要だ。安易に高価な商品をアレンジしてお金をどぶに捨てるような真似はやめておいた方がよさそうだ。お父さんが悲しむ。





この他にもあんなことやこんなことまで訊きまくってしまったが、全て詳しく教えて頂いた。担当の方は技術畑っぽい空気をおもちの方だったにも関わらず、専門用語の羅列にならないよう言葉を選びながらお話してくださったと思われる。大手メーカー窓口などにありがちなマニュアル棒読みに辟易していたコメ子であったが、もうわからないことはなんでも電話して訊いちゃおうというはた迷惑な思いを胸にしたのであった


関連記事
 


 

コメント

  1. 母さんあひる | URL | -

    コメ子さん、いっぱい聞いてくださってありがとうございます~☆そのコメ子さんの努力を読んで、簡単に知識を増やしてしまうのが申し訳ないですが…ありがたいです。ペコリ

  2. ガッチャマン | URL | X8gdmrw6

    コメ子さんすごい。
    そしてこうやってブログに載せて下さって、メーカーから見てもいいお客さんですよ。
    目に見えないバクテリアの話、私も熱帯魚で悪戦苦闘した事があるので何となくわかります。
    バクテリアにとってのエサになる動物の排泄物の量がバクテリアの分解能力を超えなければOKなんですよね。でもその土の中に住めるバクテリアの数には限界がある。なかなか全てのバランスを合わせるのが難しいんですよね。熱帯魚水槽は温度が1年中一緒なので季節の心配は必要ないですけど、陸上には温度変化が・・・。
    私はバクテリアについて熱帯魚で苦労しているので、それもニューネイチャーランドの導入を踏みとどまっている要因のひとつです。
    今後もニューネイチャーランドのレポートよろしくお願いします。

  3. コメ子 | URL | SFo5/nok

    v-132母さんあひるさん
    どどどど努力って程のものでは‥‥w
    私も母さんあひるさんの掃除方法とかめっちゃ参考にしてますし、これからも情報交換よろしくお願いします!(^O^)/

    v-132ガッチャマンさん
    おおお、熱帯魚飼育されていたことがあるんですね。それは話が早い!
    私は土の脱臭効果について調べようとして園芸ネタばかり拾っちゃって、熱帯魚に辿り着くまでに時間がかかりましたw
    今はまだ初歩の初歩ですが、デグーたちの健康のためにもちょっとずつ勉強していきたいです☆ 自己流アレンジでマッドサイエンティスト風の変なガス発生させたりとかしたくないですしwww

  4. まろまろ | URL | t50BOgd.

    にゃるほどですね!

    うちは熱帯魚を飼っているので水槽にバクテリア入れますが
    このバクテリア補充液はまったくの透明なので水が多いんでしょうね
    で、水槽に関しては、水やフィルターをかえないかぎり
    バクテリアって増えていくので
    ネイチャーランドに関しても、乾かないように水を吹いてあげれば
    そんなに頻繁に補充液を入れなくてもいいんじゃないかなぁって思いますが・・・・

    腐葉土は、確かによくないかもしれませんが、ピートモスは無菌なので
    ただいま実験中です^^
    それにしても、詳しく教えてくださったんですねぇ

  5. Hiroko | URL | SVWlgnzY

    おお~、すごーい!詳しく聞いてくださってありがとうございます!
    謎だった部分がかなり解けました(*^▽^*)
    でも、これだけ詳しく説明できるなら、
    商品にも説明つけてくれれば早いのにねぇ~。

    うちはアンモニアの悪影響と思われる結膜炎のような症状が出ていたので、
    ニューネイチャーランドを導入しました。
    導入後は一度も症状が出ていないので、
    多少手入れが面倒でも我慢して使っていきたいなぁって思います。

    イラストのバクテリア君、かわいいですね^^
    こんな子達が住んでいるのなら、
    今以上に愛情を注いで手入れしてあげなくてはww

  6. コメ子 | URL | SFo5/nok

    v-132まろまろさん
    まろまろさん、熱帯魚までいらっしゃったんですか‥‥w
    以前まろまろさんのピートモス記事を読んだときは、菌が入ってないからどうなのかなあと思ったものですが、バクテリアが育つスペースを増やしてやることになる訳だから逆によさそうですよね。実験結果、楽しみにしてます!

    v-132Hirokoさん
    ホントなんで商品に説明つけてくれないんでしょう(・3・) 名前は「補充液」なのに、ショップの説明文では「バクテリアを活性化させ‥‥」みたいになっていますよね。私は詳しい説明が欲しかったから現品を買ったようなものだったので、とうとう電話しちゃいましたw
    てんちゃんの目はその後も順調なんですね! 床材、あなどりがたいです。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://komek.blog57.fc2.com/tb.php/37-158c6ebd
この記事へのトラックバック

原因はやっぱりアンモニア?

ひと月ほど前のてんちゃんの写真です。   片目の周りが涙でびしょびしょ ああ~、やっぱりねぇ 変えちゃぁマズかったか・・・ ...




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。