スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

デグーと猫との同居

2011年01月13日 07:00

ネコっぽいデグー
なかよく毛づくろいをし合う猫(左)とブルーデグー(右)。

もちろん嘘だ。我が家のパン粉(左)とそば粉(右)である。デグーを飼ったことのない人に見せたところ、猫っぽい!と大評判だったのだが(約1名)、デグー飼いの目にはデグーばればれだろうか。
  
ここまで接近することはないものの、我が家ではデグーと猫とを同じ空間で飼っている。非補食者と補食者との同居は広い意味では虐待にあたる。と思う。とてもじゃないけど、お勧めできるもんじゃない。と思う。今となっては。が、考えの足りなかった私は、「Cat Thinks She's a Degu」「Cat and degus are friends」(YouTube)などの珍しいからこそ貴重な動画ばかりを見まくって、パン粉&そば粉もネコ様となかよく愉快に暮らしていけるんじゃないかという甘い期待を抱いて同居をさせ始めたのだった。

幼いデグーたちはネコ様が何者であるかを理解できず、恐れる様子も見られなかった。これはいけるかも?と勘違いした私がネコ様をがっつりホールドしてデグーたちとの対面を繰り返していたところ、パン粉もそば粉もネコ様の背中に乗ろうとするようになった。なかよく愉快にやるためではなく、ケージ台の延長として‥‥(さすがに遮った)。

ネコ様は露骨にむっとしていた。更に、飼い主が毎日毎日「パン粉ちゃーん」「そば粉ちゃーん」とでれでれしていたせいで、デグーたちをライバル視するようになってしまった。新しい猫をお迎えするときには露骨なぐらいに先住猫を優先してかまってやりましょう、というのは猫飼いとしての常識である。何故デグーに応用できなかったのか。深く反省しつつも、やっぱり毎日毎日「パン粉ちゃーん」「そば粉ちゃーん」とでれでれやっている。幸い?ネコ様は1日20時間以上も寝ている老猫なので、両者がバッティングすることはあまりない。

今やネコ様はデグーを視界に入れたくもないらしく、ガン無視を決め込んでいる。ケージ台に登ろうとすることもない。が、駄目飼い主は新たにやらかしていた。設置したてのあの階段、やばい。音もなく起きてくるのがネコ様ではないか

危険!猫に近づこうとするデグー
被捕食者・そば粉は、ネコ様が何者であるかを未だ理解していなかった

ネコ様ではなく、シャッター音にびびってそば粉は逃げていった。デグーのケージ台に階段は、別な意味で危険だ

関連記事
 


 

コメント

  1. とっぽ | URL | -

    ねこ様との距離が!!
    あんなに近くまで接近しても平気なんですね!
    すごいです(ω`)
    うちのお犬様は食らいにかかるので
    危険です!

  2. コメ子 | URL | SFo5/nok

    わー!平気じゃないですー!!超レアショットです!!!
    もうちょっと危険そうな感じに書き直してみたけど、まだまだかな‥‥。
    たびたび助けて頂いてありがとうございますv-254

  3. | |

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://komek.blog57.fc2.com/tb.php/134-860b61c6
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。