スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

ハロウィンの御馳走

2010年11月01日 20:35

寒くなってきてからというもの、デグーたちの食欲が凄まじい。朝晩のペレットなど1時間もしないうちに食べ尽くされてしまうし、敷き牧草のバミューダでも取り合いの喧嘩になる。新しい種類のチモシーなど入れようものなら、ぴーぴー言って飼い主を追い出しにかかるという有様。あまりの食べっぷりに腰が引けてしまい、ここ暫くはおやつを自粛していた。

とは言え、ハロウィンぐらいは「トリート」を振る舞ってやりたい。一週間前から干してあったカボチャの種を召し上がれ
ちょうだいちょうだい
いい匂いがするでもないのに興奮して食いついてくる。
  
どこで食べよっかなー
どこで食べようかウキウキ

なにこれおいしい!
なにこれおいしい!
グルメ漫画に出てきそうな表情www 殻ごとポリポリと食べるのだが、中身のない殻だけを与えるとバレて捨てられてしまう。殻の中に美味しいものが入っているとわかるのは何故なのか不思議である。

あれ、そう言えばパン粉は?
[ハロウィンの御馳走]の続きを読む
スポンサーサイト
 

妖怪「天井なめ」

2010年11月20日 10:10

我が家の可愛いそば粉ちゃんが牧草をちゅるちゅるすすっている写真を使って「長い舌を自在に操って餌を捕る齧歯目・デグー」という大嘘を流布させようとしていたところ、

妖怪デグー
妖怪「天井なめ」という不名誉な称号を頂いてしまった。

なんでも「徒然草」や「百鬼夜行絵巻」に由来する、歴史ある妖怪だそうだ。もしかしたら褒められたのかも知れない。

天井嘗 調べてみたところ、モロに妖怪で褒め言葉でもなんでもなかった。しかもそっくりである(左図は1784年の鳥山石燕百器徒然袋」より)。

「天井の高ハ燈くろうして冬さむしと言へども‥‥」とある。高い天井に燈火が届かず暗くなるのも、冬には寒くなるのも、この妖怪が天井にたまった埃をなめ取らんがための仕業だという。そう言われてみれば、我が家ではデグーのためにとケージの天井を高くしたばかりではないか。知らず知らずのうちに、妖怪の思惑にハメられてしまっていたらしい。なんとも恐ろしい。

しかもこの妖怪、埃をなめ取って掃除するだけにしてくればいいのに、「なめ痕」を天井のシミとして残すとのこと。ケージてっぺんのハンモックにシミができるのは、そうやって飼い主の負担を増やすためだったとは。おのれ、天井なめめ!

憎き天井なめを成敗すべく、アルファルファキューブを片手に立ち向かってみたのだが、ぴー↑よー↓と激しく威嚇され、キューブだけが持っていかれてしまった。

このままやられっ放しでは腹の虫が治まらない。かくなる上は「可愛いらしい鳴き声で人間を脅かし、食物を奪い取る草食妖怪・天井なめ」という流言飛語をまき散らして、この妖怪の権威を失墜させてやるしかあるまい。

てやんでい
天井なめは「てやんでい」と言わんばかりの面構えで今も天井付近に潜んでいる。
 

メタルサイレント32

2010年11月24日 18:00

デグーたちをお迎えして早8ヶ月。2匹はやや小さめではあるものの、そろって体重190g前後と順調に育ってきている。それに伴い、これまで使ってきたホイールも、2匹で並走するには手狭になってきた。そろそろ大きいのに換えなきゃなーとちんたら選んでいたところ、突然そば粉が癇癪を起こしてホイールに八つ当たりを始めた。


パン粉が乗っていようがお構いなしにガンガンガンと頻りにやる。ホイールが直接の原因かどうかは定かでないが、ともかくそば粉には何らかの鬱憤が貯まっているように見受けられる。

メタルサイレント25八つ当たられているのはメタルサイレント25(W300×D150×H250mm、ホイール径:250mm、幅:約100mm)。とにかく静かで、見た目の圧迫感なし、丸洗いOKとお手入れも楽ちんで、飼い主に優しいホイールである。

一方、このタイプのホイールは、直径に渡された軸と支柱とに挟まれてデグーがギロチン状態になりそうと心配する人が多い。ていうか私がそう思ったし。メタルというだけあって、塗装がはげて錆びも出てきている。また、メッシュタイプはデグーの足裏に負担がかかってよろしくないとの指摘(TenTen's room外車購入!」など)もあり、デグーにはいまいち優しくない。

危険乗車中右の写真は設置当時の様子。ギロチンになりそうと心配しているそばから、敢えて危険な位置から飛び乗ろうとしていやがる。やめんかい

あれこれと遮蔽物を置いてみたりもしたのだが、障害があればあるほどデグーたちは面白がってすきまをすり抜けたがり、より危険度が増してしまうという‥‥。もっとも、如何にしてギロチン軸を避けるかが危険乗車の醍醐味でもあるらしく、回転するホイールを観察してタイミングを見計らって飛び乗ってはいるようだったが。

ちなみに高速回転中のホイールに指を突っ込むと、普通に痛い。できればもうちょっと安全性の高いホイールに換えてやりたいんだよなーと、またちんたら選んでいるとガンガンそば粉からの催促が入る。はいはい、ポチっとな

メタルサイレント32 今まで事故はなかったし、デグーたちも飼い主も使い慣れてるしってことで、結局同じサンコーメタルサイレント32(W350×D170×H370mm、ホイール径:320mm、幅:約120mm)に。まるで変わり映えがしない、いい意味で。

ホイール径7cm、幅2cmもでかくなったのに、ケージが狭くなった感が全然ないのだ。静かでお手入れ楽ちんという利点はそのままで、支柱が上にまとまっているためギロチンリスクも微妙に軽減されている。複数飼いだったら25じゃなくて最初から32を設置した方がよかったのかも。ついでに「新・休足マット」へのコメントで教えて頂いたイージーホーム80用 樹脂休足フロアーもポチっとなしてしまった。

キョドる2匹

デグーたちを投入すると、ホイール径プラス7cmのでかさに最初は2匹ともビビりまくり が、くるくるし始めると俄然ヒャッハー!状態で、競争するかのように2匹並走して抜いたり抜かされたり。今までは耳や脇腹がホイールがはみ出していたから、ギロチンより寧ろそっちを心配してやるべきだったなあ。

これでやっと並走できる幅が確保できただけのことなんで、今度はそば粉に催促される前にもっと大きいホイールを用意してやらんとね。


25導入当時は回され気味だったそば粉が今ではリードを取るように


樹脂休足フロアーは動画では剥き出しになっているんで汚れて見えるけど、ホウキとウエットティッシュでささっとお掃除可能。ぴったりサイズだから金網要らずなのも嬉しい。通りすがりさん、ありがとうでした
[メタルサイレント32]の続きを読む
 

自主散策ご遠慮願います

2010年11月28日 21:28

ケージ改装は概ね好評のようで、今まであまり使われていなかったステージにもフンが落ちていることが多くなった。施工主としては嬉しい限り。ケージ掃除にも熱が入る。掃除を終え、デグーたちがポリポリと牧草を囓る音を背中に聞きながらネットやら読書やらに耽る。至福のひとときだ。

稀にガサガサと妙な音がすることもある。振り返ってみると‥‥、

何故そこに‥‥
パン粉がゴミあさりしとるがなああああ!
もしかして掃除後ケージに戻し忘れたんだろうか? パン粉は名前を呼ぶと戻ってくるぐらいに馴れてきたので、掃除中は室内を自由に歩き回らせることが多くなってきているのだ(そば粉はまだ無理)。いやいやそんなはずは‥‥。

高みを目指して 訝しく思いながらパン粉をケージ台へ乗せてやると、喜び勇んで中に入り、高みを目指してケージ内を登り始めた。

この高層化部分の網はパカッと前方へ倒して開けられるようにと、天井面のフックに引っかけてあるだけ。閉まっていればいいやと左側しか留めていなかったので、右側には2cmちょっとのすきまができていた。それをどうした拍子にか発見し、ぐいぐいやって抜け出してきたらしい。

ケージへ戻しても戻しても、鼻息荒く同じ場所から出てこようとする。 狭いすきまをぐいぐいやるのが楽しいようで、脱出を果たすと満足して再びケージへと戻っていく。そしてまた同じルートでぐいぐいやって抜け出そうとする。

野生のデグーは地面にトンネルを掘って暮らしているとか。狭いところをくぐり抜ける喜びに目覚めてしまったのかも知れない。そば粉の方はまるで興味がない様子なのに。

むちゃー


むちゃーとなっているのは、脱出を阻止しようとした手に対してパン粉が自分からぐいぐいやっているため。叩いている訳ではない(デグーを叩いてはいけません)。

天井面のフックを左右ともきちんと留めれば、押し広げられるすきまはなくなる。パン粉が自主開発した散策ルートは、1日にして通行止めとされた。ていうか、よもや2cmをくぐり抜けられるとは思わず、今まで横着していたのは危なかった

コード類は対策してあるからいいとして、我が家にはネコ様がいるんだから気をつけてよね!>コメ子さん
 



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。