スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

書かぬ

2010年07月01日 23:10

今日はケージ掃除してたら遅くなっちゃったんでブログ書かないぞ。

ネコ様17歳
そうブログに書いて写真も貼るバ飼い主をお許しください。



生まれて初めてブログ毎日更新ってのを2ヶ月もやった。死ぬかと思った。
パン粉もそば粉も順調にガタガタ育ってるし、もっと他のブログを見に行ったりする時間も取りたいし、7月からは毎週更新ぐらいを目指そうと思う。
お礼やお詫びの言葉なんかを書き出すとまた長くなっちゃうんで、失礼ながらそれはまたの機会に。

pingを送らなければブログ村とか各種アンテナの新着情報とかには載らないと思うんだけど、FC2ブログ周辺がどうなるのかよくわからん。どうかな?
[書かぬ]の続きを読む
スポンサーサイト
 

ただ砂浴びをしてほしかった

2010年07月05日 20:46

デグーの砂浴びにはガラス製のジャム瓶を利用している。プラスチック製より傷や汚れがつきづらいし、簡単に丸洗いできてぴかぴかになるしで重宝している。臭いも残らない。

満員ですパン粉そば粉が幼かった頃は、2匹いっぺんに入って交互に転げ回ったりできるぐらいだったのだが、そろそろ手狭になってきたようだ。今でもまだ一緒に入ろうとするし、一応は同時に入ることもできる。でも、さすがに交互砂浴びをするどころではない。

もっと大きい瓶があったはずだと思って買いに行ったところ、ジャム瓶ではこれが最大サイズだそうだ。楽天にもジャム瓶1000しか見当たらない。税込み278円、サイズ(約):95×95×高さ145mmとある。恐らくこのジャム瓶と同じものだろう。

サンコーから出ているデグー砂浴びボトルはこれより大きくて(120×120×高さ186mm)、足場代わりにもなる木製ホルダーがついている。楽天の最安値は1,180円か。高いなあ。ホルダーはなくても倒れたことないしなあ。

と、眺めるだけショッピングを存分に堪能したところで、以前オマケで頂いた虫かご295×180×高さ200mm)を砂浴び容器として使ってみることにした。すると、なんだか想定外の反応が返ってきてしまった。


砂浴びをしようという意欲が全く感じられないばかりか、めっさ掘っている。おまけに砂を食べているではないか!

ラストでアップになっているのはパン粉だが、そば粉も食べている。撮影前にあっという間に汚されてしまった虫かごはちゃんと洗ってあったし、砂(チンチラサンド)も新しいものを入れた。振り返ってみると、今までのジャム瓶でも砂食べてるんじゃないか?と思えるような行動は見られていた。が、ペレットやおやつを持ち込んで食べることもしばしばだったので、あまり気に留めていなかったのだ。ずっと砂を食べ続けていたかも知れない。砂を食べるというのはデグー的には自然な行動なんだろうか?

デグーは、テンジクネズミ亜目デグー科に属する生き物で、野生では南米チリのアンデス山脈(標高1200mあたり)の灌木や低木の生えるような乾燥した場所で巣穴を作って過ごし、長い尻尾で上手にバランスを取り、身軽に岩場や枝木の間を移動する事ができます。
                    (三晃商会「飼い方ブックレット(8) あつまれ!デグー!!」より)

なるほど。灌木も低木も生えてはいないが、乾燥した場所に入れたために巣穴を作って過ごしたくなったのか。パン粉、掘ってよし。

では、うちのデグーが砂を食べる件について。

この後はまた字ばっかりになっちゃったので、続きを読むより動画をもっぺん見直して、パン粉がやる可愛い肩叩きを堪能するに留めてくださると助かる。
[ただ砂浴びをしてほしかった]の続きを読む
 

国立国会図書館

2010年07月10日 19:08

デグじゅう。最新情報を見たら、ドイツ語のデグー本を買ったとあった。安い。くそう、英語のデグー本を買ったとき一緒に注文すればよかった。でもドイツ語となるとやっぱり躊躇する。野生デグー写真集なんてのだったら、何語だろうと図書カード残金12,000円までは出せるのになあ

デグー本に関してはデグーページ飼育書の情報」にほぼ網羅されている。
東京発フリー素材写真集 国立国会図書館先日、国立国会図書館に行く用事があり、そう言えばと思い出して携帯から上記サイトを見たところ、「アンデスの歌うネズミ」の元ネタらしき記事の紹介があった。書誌情報もしっかり載っているので簡単にコピーできた。携帯は便利だ。

家に帰ってから再度PCからアクセスして一番下までスクロールしたところ、デグーの短いしっぽ情報の紹介もあった。くそう、ついでにコピーしてくればよかった。やっぱり携帯は不便だ。と改めよう。

時本楠緒子「アンデスの歌うネズミ,デグー」(日経サイエンス, 2002年8月号)の内容は上述した「飼育書の情報」の紹介にある通りで、「難しい」と覚悟してから飛ばし飛ばし読む分には大丈夫だった。ただ、デグーの鳴き声はオスがメスに求愛するときの「ラブソング」を中心に説明されているため、メス2匹の飼い主さん的には「その声じゃなくてー」と歯痒い思いもした。逆に婚約を控えている飼い主さん的にはもっと面白く感じられるのかも知れない。ていうか、きっとすごく面白いに違いない。音声の一部が聞けると紹介されていたアドレスは既に存在していなかった。くそう。でも8年前の記事だから仕方がない。

国会図書館には雑誌そのものを借り出さずに複写ができるなんたらかんたらという制度がある。なんか新しいと思って、この記事コピーはそのなんたらでお願いしたものだ。カラーページを白黒でと指定したが、記事を読む分には問題なし。「ソナグラム」とかいうのが見たい場合はカラー指定した方がよさそうだ。どんな感じの記事かという雰囲気もお伝えしたいのだが、それで逮捕された男子中学生のようになっても困るため、ネコ様にモデルをお願いした。

鼻くそのついたネコ様
もうちょっと捕食者っぽい様子を表現して頂きたかった。

この記事への興味のあるなしに関わらず、国立国会図書館を利用したくても遠すぎるという方々には、登録利用者制度を超オススメしたい。オンラインでも登録申し込みができ、登録自体は無料。蔵書検索・申込システムから検索をかけて複写の申し込みをすると、登録した自宅だけでなく、郵送先を指定して海外にも届けてくれるらしい。複写料金・郵送料などはお高めの実費がかかる。

‥‥って、もしかして今や常識だったのだろうか。職員さんに「スゴイっすねー」を連発してしまったではないか

書籍や雑誌の一部をコピーする際には、「奥付」をついでに頼んで一緒にパチンと留めておくと後から利用するときに便利なので、今度こそ超オススメしたい。ただ、雑誌の場合は奥付が巻末にあるとは限らないので、表紙と目次もコピーを頼んだところ、奥付は巻末に限られていた。くそう。

モデルさん止まってください!
無念な気持ちを表現して頂けた気がする。

[国立国会図書館]の続きを読む
 

ハンモック記念日

2010年07月11日 20:00

初めてあなたが寝てくれたから


ハンモック記念日
七月十日はハンモック記念日



今日は十日じゃなくてサラダ記念日は七月六日だけど。
 

空袋事件

2010年07月16日 13:10

東京都内の台所でデグープラスの空袋が見つかった事件で、天竺鼠飼育日記は16日、動物愛護法違反と保護責任者遺棄致死で、自称元暴力団員コメ子容疑者(85)を逮捕しなかった。同ブログによると、「どのぐらいでなくなるか計算ができなかった。明日届くはずだからいいやと思った。」と容疑を否認しているという。

バミューダないのー使い回し 捜査関係者によると、コメ子容疑者は2010年5月にデグー2匹(パン粉ちゃんそば粉ちゃん)の飼育開始後から、デグーがなつかない、あいさつをしない、言うことを聞かない、繰り返し逃亡を図る、逃亡先には何が落ちているかわからない、なのになかなか捕まらない、特にそば粉はつるつる滑るなどの理由で過剰なスキンシップを避け、室内散歩に制限を加えるなどし、虐待がエスカレートしたという。 また、15日の空袋発見後は、空袋に残された数粒を与えて夕食とし、翌16日の朝食は商品が到着するまで遅らせたと述べた。

コメ子容疑者は後に配送されたデグー・バランスフードサンコー)を開けるなり、「なにこのカボチャー!」と奇声を発し、どこかへ走り去ってしまった。

なにこのカボチャー! その後の調べによると、コメ子容疑者は袋に向かって「ペレットっぽい!」「おやつ乙!」とぶつぶつと独り言をつぶやきながら何やら仕分け的な作業を行ったことが確認されている。

コメ子容疑者による虐待は現在も続けられており、これまで2匹に対して約12gほど与えられていた朝食は、4gにまで減らされていたという。この数字の根拠に関してコメ子容疑者は「量ってみたら4gだっただけ」と答えている。

およそ5時間も待たされたという朝食現場の様子を動画で確認してみよう。



そば粉ちゃんのアッパーカットがきれいに入っていることが確認された。
コメ子容疑者の人間性だけでなく、被害者であるそば粉ちゃんのデグー性まで問われる事件であった。


[空袋事件]の続きを読む
 



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。