スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

デグーと猫との同居

2011年01月13日 07:00

ネコっぽいデグー
なかよく毛づくろいをし合う猫(左)とブルーデグー(右)。

もちろん嘘だ。我が家のパン粉(左)とそば粉(右)である。デグーを飼ったことのない人に見せたところ、猫っぽい!と大評判だったのだが(約1名)、デグー飼いの目にはデグーばればれだろうか。
[デグーと猫との同居]の続きを読む
スポンサーサイト
 

東京動物霊園

2010年12月27日 22:46

世間がらぶらぶ気分で浮かれ切っていたクリスマスイブに、東京動物霊園へお墓参りに行ってきた。と言っても、デグーたちに何かあった訳ではない。昨年死んだ愛猫の一周忌だったのだ。

赤羽台トンネル 霊園は赤羽駅西口(栄えていない側)から徒歩10分ぐらいのところに位置している。赤羽台トンネルをくぐり抜けずに階段を昇ると並木道で、通り沿いの商店街にはシャッターを下ろしたきりの店が目立つ。その向こうは団地。今は使われていない牛乳配達所なんぞがあったりして、昭和気分をかき立てられる。

猫のお墓参りへ行くのは今回が初めてだ。死んだ後も部屋の隅からニャーと出てきてくれそうな気がずっとしていて、墓の中にいるという現実と向き合いたくなかった。デグーたちが家に馴染んできてやっと、あの白い猫は今どうしているのだろうと重い腰を上げた次第。道すがら野鳥や野良猫の姿を多く目にした。骨壺を手元に遺すという選択肢もあったのだが、こんな風情のある静かなところになら埋葬でよかったかなあと今更ながらしみじみした。

法善寺 動物霊園は1978(昭和53)年に法善寺境内に設立されたとのこと。南無阿弥陀仏と唱える浄土真宗のお寺だ。今年4月頃、埼玉県でペットの死骸が大量に不法投棄されていた事件があったのだが、その投棄された遺体の火葬を引き受けたのはこの霊園だったとか(ワンダーランド★スタッフブログ御蔭様、で・・。」)。ペットの埋葬を業者任せにしていたのは私も同じだったので、東京動物霊園の名前が出て一瞬ひやっとしたが、助ける側としての登場でほっとした。

こじんまりとしたお寺で、本堂横にお坊さん専用と見まごうような小さな通用口がある。そこを抜けると更にこじんまりとした供養碑があった。

合同供養碑
見事に花だらけ。中央のガラスケースはおやつなどのお供え用。

花の量に圧倒されるが、供養碑は幅2mぐらいでペット用としてはちょうどいい感じのこじんまり加減だ。ミニなお線香が用意されていて、お供えされている数珠もミニ。私が南無南無とやっている間にも二人ほどお参りの方が見え、なかなか繁盛(?)しているようだった。こんな多くの方々に見守られて過ごせるんだと考えると、合同供養も悪くないかもだ。
[東京動物霊園]の続きを読む
 

書かぬ

2010年07月01日 23:10

今日はケージ掃除してたら遅くなっちゃったんでブログ書かないぞ。

ネコ様17歳
そうブログに書いて写真も貼るバ飼い主をお許しください。



生まれて初めてブログ毎日更新ってのを2ヶ月もやった。死ぬかと思った。
パン粉もそば粉も順調にガタガタ育ってるし、もっと他のブログを見に行ったりする時間も取りたいし、7月からは毎週更新ぐらいを目指そうと思う。
お礼やお詫びの言葉なんかを書き出すとまた長くなっちゃうんで、失礼ながらそれはまたの機会に。

pingを送らなければブログ村とか各種アンテナの新着情報とかには載らないと思うんだけど、FC2ブログ周辺がどうなるのかよくわからん。どうかな?
[書かぬ]の続きを読む
 



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。