スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

下手の横好き上下運動

2011年01月11日 07:00

「デグーは上下運動が大好き!」みたいな謳い文句をよく見かける。だから高さのあるケージで飼いましょうと続くことに異論はないのだが、デグーは上下運動が「大好き!」なだけで、「上手!」とはお世辞にも言えないと思う。

上りはまだいい。体の割に結構なジャンプ力がある。しかし、下りはどうなんだ。パン粉は高さ約60cmのケージ台から飛び下りて散歩に出かける。当のパン粉は飛び下りているつもりらしいのだが、ネコ様を見慣れた私の目からすると単に落っこちているだけである。着地がなっとらんのだよ、着地が! キミたちの上下運動は下手の横好きに過ぎん! ネコ様のようにしなやかな身のこなしをマスターするまでビシビシしごいたるわ!


へっぴり腰のデグー‥‥と、そんな訳にもいかないので、階段を設置したのが去年のクリスマス。千均ショップで買った園芸用の棚なのだが、一段目で早くもへっぴり腰だった。段差は約8cm。もっと高いところからはぼたばた落っこちるくせに、どういう訳なんだろう

二段目へとなると段差は約20cmもある。これはさすがに無理そうだったので、踏み板の上に乗っかれるサイズの切り株をかましてみるも、もじもじもじもじやるばかりで下りられない。乾燥野菜を見せびらかしつつ、がんばれがんばれ!できるできる絶対できる!!がんばれもっとやれるって!諦めんなよ、お前!!おい! もっと熱くなれよ!熱い血燃やしてけよ! 自分で自分の殻を破らなきゃ何時までも世界では勝てやしないぞ!!! Don't worry! 高く飛ぶには、深くしゃがまなくてはならないんだ!!!!!

飼い主の強い励ましに、パン粉もそば粉も応えてくれた。
ちげーよ!
違うよ! 2匹そろって全く違うよ!
[下手の横好き上下運動]の続きを読む
スポンサーサイト
 

ぬくぬく増し増し☆デグー丼

2011年01月07日 18:00

ぬくぬくデグー ほんのりあったか☆デグー丼のぬくぬくを増し増しに! 冬の間は地下に掘ったトンネル内などで仲間と団子になって過ごすという、野生のデグーに近い環境を作れないものかと試行錯誤中です。温度制御機能つきのパネルヒーターで、丼を丸ごと温めてみました。
材料 ( 2匹分 )
パン粉 ※デグーです 1匹
そば粉 ※デグーです 1匹
1杯
キャップ(帽子) 1枚
ネックウォーマー 1枚
パネルヒーター 1点
ダイヤル防護用の小箱 1箱

1   2   3
マルチパネルヒーター   バルサ箱と合体   まだ乗らない
ビバリアの床下用マルチパネルヒーター8W(楽天で2,200円也)を使用。電気代はまるまる一ヶ月つけっ放しで20円弱とのこと。   囓られ防止に、出っ張っているダイヤル部分を小箱で覆ってケージの隅に設置します。コンセントは金網の一部をペンチで曲げて通しました。   更に囓られ防止と、尿がかかったりしないように、ネックウォーマーでヒーターと小箱の両方を覆います。
※デグーの手伝いは必要ありません。
 
4   5   6
丼を用意   ヒーターと丼を合体   加熱には時間がかかります
高台(糸底)が直接ヒーターに接する程度にのぞかせて、丼にキャップをかぶせます。
※カバを入れる必要はありません。
  丼をヒーターの上に置き、ネックウォーマーでくるんで、スイッチオン。暫くすると、丼奉行のそば粉が激しく灰汁取りを始めます。   丼全体が温まるには時間がかかります。温度が低いうちは底面にパン粉がこびりつきやすいので、焦げ付かないよう注意しましょう。


コツ・ポイント
丼が地下トンネル兼デグー団子の役割を果たせるよう、丼そのものの温度がデグーの体温(約38℃)より高くならない程度に調整してください。低温熱傷を防ぐことにもなります。特に初めて稼働させるときは、一日じゅう一緒にいられる日を選ぶようにして、こまめに且つ昼夜にわたって丼や周囲の温度を確認しましょう。ややぬるいかな?と思うぐらいでも十分ぬくぬくです。我が家では1時間ほどで丼の縁あたりまで温まりますが、ヒーターや丼の種類、設置環境によって、これは変わるものと思われます。ご自宅に合わせて工夫してみてくださいね。

丼を丸ごと温めたかったので、このレシピでは水槽や飼育ケースに用いられる床下用のヒーターを使用しました。ケージ内に入れることを考えると、直接ペットが乗れるタイプのヒーターの方が安全度が高そうですが、丼を温めていいものかは判断しかねます。いずれにせよ電気製品をケージ内に入れることは漏電などのリスクを伴いますので、日々の点検を怠ることなく、安全で快適なぬくぬくライフを!


※携帯などからの表示は激しく乱れます。仕様です。
 

大掃除の成果

2011年01月03日 17:00

モチュウにつき年始から大掃除をしている。というのは嘘で、単に終わらなかっただけである
デグー飼いにとっての大掃除は、新年の吉兆を占う神聖な行事。部屋の隅に転がったを断ち、捨て、離れることによって、自らの内在智が磨かれる。より多くのを「断捨離」すればするほどその家には幸運が訪れるという。というのももちろん嘘である。

掃除中にお散歩我が家ではデグーを放し飼いにしていないし、定期的な散歩もさせていない。飼い始めの頃は「1日1時間以上散歩させてください」というペットショップからのお達し(モルモット用だった)に従おうとしていたのだが、そんな小型犬でも疲れちゃいそうな長時間にわたって散歩させるのは無理があると諦めるに至った。ケージ掃除中などにチョロチョロ出て行くのに任せ、10分ぐらいで戻している。

とは言え、電気コードの類を防護してからはかなり自由に室内を走り回らせるようになってきた。家具を動かして掃除したら、一体いくつのが出てくることやら。恐怖に戦くことしきりだったが、あにはからんや、出てきたは2個だけ。尿をした形跡も見当たらなかった。デグーはトイレを覚えないとされているが、そこはさすが被捕食者。縄張り以外の場所に臭いを残すような真似はしないのだろう。

と、もっともらしい推理をしたにもかかわらず、でかいペレットが4個ほど発掘された。私が落としたかな

パン粉とルンバ
自分がアテにならないので、普段の床掃除は我が家の4匹目の動物に任せることにしている。
 
[大掃除の成果]の続きを読む
 

ほんのりあったか☆デグー丼

2010年12月03日 22:00

デグー丼百均製品を組み合わせるだけの簡単なデグー用ベッドです。丼の保温性を活かせるよう試行錯誤中。
材料 ( 2匹分 )
パン粉 ※デグーです 1匹
そば粉 ※デグーです 1匹
1杯
キャップ(帽子) 1~2枚
使い捨てカイロ 1枚(なくてもよい)
アルファルファなど 適量

1   2   3
使い捨てカイロを貼る   丼の底にアルファルファを仕込む   次々に入る
丼の外側に使い捨てカイロを貼り、その上からキャップをかぶせます。カイロが温まったときに丼の内側がぬるくなる程度に調節しましょう。   アルファルファやペレットなど、「まあまあおいしい」餌を丼に入れます。
※おいしすぎる餌を入れると興奮してどこかへ持って行ってしまいます。
  丼にパン粉とそば粉を手早く加えます。
※勝手に素速く加わります。
 
4   5   6
よく混ぜる   吹きこぼれに注意   ベッドになる
パン粉とそば粉をよく混ぜ合わせます。
※勝手によく混ざり合います。
  吹きこぼれに注意。  
夜になるとぬくぬく寝ます。
※囓られ防止に、カイロが外側(ケージ側)になるよう設置しましょう。

コツ・ポイント
キャップを2枚組み合わせて「蓋が半開きのデグー丼」状態にしてやると、保温性・隠れ家性が高まります。使い捨てカイロではなく、丼をお湯で温めてからよく拭いて設置するのもよいかも知れません。ヒヨコ電球(保温球)やペットヒーターなどと組み合わせても温まりますが、いずれの場合にも低温熱傷には注意してください。
デグーの体温(約38℃)より少し温かい程度の温度でも、皮膚の同じ部分が熱源に長時間接触していると、低温熱傷が発生して自覚症状のないまま進行することがあります。ていうか、私がなったことあります!


※携帯などからの表示は激しく乱れます。仕様です。
 

メタルサイレント32

2010年11月24日 18:00

デグーたちをお迎えして早8ヶ月。2匹はやや小さめではあるものの、そろって体重190g前後と順調に育ってきている。それに伴い、これまで使ってきたホイールも、2匹で並走するには手狭になってきた。そろそろ大きいのに換えなきゃなーとちんたら選んでいたところ、突然そば粉が癇癪を起こしてホイールに八つ当たりを始めた。


パン粉が乗っていようがお構いなしにガンガンガンと頻りにやる。ホイールが直接の原因かどうかは定かでないが、ともかくそば粉には何らかの鬱憤が貯まっているように見受けられる。

メタルサイレント25八つ当たられているのはメタルサイレント25(W300×D150×H250mm、ホイール径:250mm、幅:約100mm)。とにかく静かで、見た目の圧迫感なし、丸洗いOKとお手入れも楽ちんで、飼い主に優しいホイールである。

一方、このタイプのホイールは、直径に渡された軸と支柱とに挟まれてデグーがギロチン状態になりそうと心配する人が多い。ていうか私がそう思ったし。メタルというだけあって、塗装がはげて錆びも出てきている。また、メッシュタイプはデグーの足裏に負担がかかってよろしくないとの指摘(TenTen's room外車購入!」など)もあり、デグーにはいまいち優しくない。

危険乗車中右の写真は設置当時の様子。ギロチンになりそうと心配しているそばから、敢えて危険な位置から飛び乗ろうとしていやがる。やめんかい

あれこれと遮蔽物を置いてみたりもしたのだが、障害があればあるほどデグーたちは面白がってすきまをすり抜けたがり、より危険度が増してしまうという‥‥。もっとも、如何にしてギロチン軸を避けるかが危険乗車の醍醐味でもあるらしく、回転するホイールを観察してタイミングを見計らって飛び乗ってはいるようだったが。

ちなみに高速回転中のホイールに指を突っ込むと、普通に痛い。できればもうちょっと安全性の高いホイールに換えてやりたいんだよなーと、またちんたら選んでいるとガンガンそば粉からの催促が入る。はいはい、ポチっとな

メタルサイレント32 今まで事故はなかったし、デグーたちも飼い主も使い慣れてるしってことで、結局同じサンコーメタルサイレント32(W350×D170×H370mm、ホイール径:320mm、幅:約120mm)に。まるで変わり映えがしない、いい意味で。

ホイール径7cm、幅2cmもでかくなったのに、ケージが狭くなった感が全然ないのだ。静かでお手入れ楽ちんという利点はそのままで、支柱が上にまとまっているためギロチンリスクも微妙に軽減されている。複数飼いだったら25じゃなくて最初から32を設置した方がよかったのかも。ついでに「新・休足マット」へのコメントで教えて頂いたイージーホーム80用 樹脂休足フロアーもポチっとなしてしまった。

キョドる2匹

デグーたちを投入すると、ホイール径プラス7cmのでかさに最初は2匹ともビビりまくり が、くるくるし始めると俄然ヒャッハー!状態で、競争するかのように2匹並走して抜いたり抜かされたり。今までは耳や脇腹がホイールがはみ出していたから、ギロチンより寧ろそっちを心配してやるべきだったなあ。

これでやっと並走できる幅が確保できただけのことなんで、今度はそば粉に催促される前にもっと大きいホイールを用意してやらんとね。


25導入当時は回され気味だったそば粉が今ではリードを取るように


樹脂休足フロアーは動画では剥き出しになっているんで汚れて見えるけど、ホウキとウエットティッシュでささっとお掃除可能。ぴったりサイズだから金網要らずなのも嬉しい。通りすがりさん、ありがとうでした
[メタルサイレント32]の続きを読む
 



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。