スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

デグー本がきた

2010年06月16日 20:26

デグーページ飼育書の情報」によると、デグーについての日本語の飼育書はないらしい。本屋へ行ったときに立ち読みしまくったのだが、「ザ・ネズミ*1 にも、「NHKはろー!あにまる 動物大図鑑―ほ乳類 南北アメリカ編」にも、デグーに関する記述は見当たらなかった(見落としていたらすみません)。ペットとしてはデグーよりマイナーだと思われるトビネズミの本パンダの飼い方なんてのはあるのに、随分な扱いである。

それでも何か1冊欲しかったので、上記サイトでデグー飼育入門編にと紹介されている「Degus: A Complete Pet Owner's Manual」を注文してみた。775円。ペット飼育書としても、洋書としても、かなりお買い得なお値段である。届いてみると、かなりミニだった。

ぺらいデグー本
そば粉よりは大きいか。

これがミニの癖にいい紙が使われていて、写真はすべてフルカラー。タグには$8.99とあるが、今ならたったの775円。アマゾンなら全品無料配送でお届け! やっぱりお買い得だと思う。

ただ、洋書で且つ2001年発行と古いこともあって、ざっと見る限りでは飼育書としての内容は微妙な気がする。例えば餌の項目を見てみると、ペットショップに齧歯類用ペットフードがたくさんあるから買ってこい的に書かれている(多分)。そんな身も蓋もない

デグーが虫捕り網で捕まえられている写真には、

Always keep a fine-mesh net on hand, in case your degu escapes.

というキャプションがつけられていた。デグーに逃げられたときのために、always 虫捕り網を手にキープしていないといけなかっただなんて今まで知らなかった。ていうか、うち虫捕り網ないし。これじゃ飼い主失格だー!

[デグー本がきた]の続きを読む
スポンサーサイト
 

国立国会図書館

2010年07月10日 19:08

デグじゅう。最新情報を見たら、ドイツ語のデグー本を買ったとあった。安い。くそう、英語のデグー本を買ったとき一緒に注文すればよかった。でもドイツ語となるとやっぱり躊躇する。野生デグー写真集なんてのだったら、何語だろうと図書カード残金12,000円までは出せるのになあ

デグー本に関してはデグーページ飼育書の情報」にほぼ網羅されている。
東京発フリー素材写真集 国立国会図書館先日、国立国会図書館に行く用事があり、そう言えばと思い出して携帯から上記サイトを見たところ、「アンデスの歌うネズミ」の元ネタらしき記事の紹介があった。書誌情報もしっかり載っているので簡単にコピーできた。携帯は便利だ。

家に帰ってから再度PCからアクセスして一番下までスクロールしたところ、デグーの短いしっぽ情報の紹介もあった。くそう、ついでにコピーしてくればよかった。やっぱり携帯は不便だ。と改めよう。

時本楠緒子「アンデスの歌うネズミ,デグー」(日経サイエンス, 2002年8月号)の内容は上述した「飼育書の情報」の紹介にある通りで、「難しい」と覚悟してから飛ばし飛ばし読む分には大丈夫だった。ただ、デグーの鳴き声はオスがメスに求愛するときの「ラブソング」を中心に説明されているため、メス2匹の飼い主さん的には「その声じゃなくてー」と歯痒い思いもした。逆に婚約を控えている飼い主さん的にはもっと面白く感じられるのかも知れない。ていうか、きっとすごく面白いに違いない。音声の一部が聞けると紹介されていたアドレスは既に存在していなかった。くそう。でも8年前の記事だから仕方がない。

国会図書館には雑誌そのものを借り出さずに複写ができるなんたらかんたらという制度がある。なんか新しいと思って、この記事コピーはそのなんたらでお願いしたものだ。カラーページを白黒でと指定したが、記事を読む分には問題なし。「ソナグラム」とかいうのが見たい場合はカラー指定した方がよさそうだ。どんな感じの記事かという雰囲気もお伝えしたいのだが、それで逮捕された男子中学生のようになっても困るため、ネコ様にモデルをお願いした。

鼻くそのついたネコ様
もうちょっと捕食者っぽい様子を表現して頂きたかった。

この記事への興味のあるなしに関わらず、国立国会図書館を利用したくても遠すぎるという方々には、登録利用者制度を超オススメしたい。オンラインでも登録申し込みができ、登録自体は無料。蔵書検索・申込システムから検索をかけて複写の申し込みをすると、登録した自宅だけでなく、郵送先を指定して海外にも届けてくれるらしい。複写料金・郵送料などはお高めの実費がかかる。

‥‥って、もしかして今や常識だったのだろうか。職員さんに「スゴイっすねー」を連発してしまったではないか

書籍や雑誌の一部をコピーする際には、「奥付」をついでに頼んで一緒にパチンと留めておくと後から利用するときに便利なので、今度こそ超オススメしたい。ただ、雑誌の場合は奥付が巻末にあるとは限らないので、表紙と目次もコピーを頼んだところ、奥付は巻末に限られていた。くそう。

モデルさん止まってください!
無念な気持ちを表現して頂けた気がする。

[国立国会図書館]の続きを読む
 

動物の値段

2010年07月23日 12:00

白輪剛史, 動物の値段, ロコモーションパブリッシング, 2007. ※文庫版あり.

[動物の値段]の続きを読む
 

あつまれ!デグー!!

2010年08月13日 17:47

三晃商会, 飼い方ブックレット(8) あつまれ!デグー!!, 三晃商会, 発行年不明.

[あつまれ!デグー!!]の続きを読む
 

子どもの栄養と食育がわかる事典

2010年08月28日 09:28

足立己幸, 子どもの栄養と食育がわかる事典, 成美堂出版, 2008.

[子どもの栄養と食育がわかる事典]の続きを読む
 

身近な野草・雑草

2010年08月30日 08:07

菱山忠三郎, 主婦の友ポケットBOOKS 身近な野草・雑草, 主婦の友社, 2007.

[身近な野草・雑草]の続きを読む
 

エキゾチックペットマニュアル

2010年09月01日 17:08

Anna Meredith・Sharon Redrobe, 橋崎文隆(訳者代表), エキゾチックペットマニュアル《第四版》, 学窓社, 2005.

[エキゾチックペットマニュアル]の続きを読む
 

ソロモンの指環

2010年09月22日 21:06

コンラート・ローレンツ, 日高敏隆(訳), ソロモンの指環-動物行動学入門, 早川書房, 2009. ※文庫版あり.

[ソロモンの指環]の続きを読む
 

生きもののおきて

2010年09月25日 20:23

岩合光昭, 生きもののおきて, 筑摩書房, 1999. ※文庫版あり.

[生きもののおきて]の続きを読む
 

動物大百科 第5巻 小型草食獣

2010年10月21日 20:28

D.W.マクドナルド(編), 今泉吉典(監修), 動物大百科 第5巻 小型草食獣, 平凡社, 1986. ※品切れ中.

[動物大百科 第5巻 小型草食獣]の続きを読む
 



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。